カードカウンティングとは?日本のカジノでは合法?

カードカウンティングは、主にブラックジャックをプレイする際にカードの数字をカウンティング(数える)し、予想する方法を言います。

主にランドカジノ(店舗のあるカジノ)でディーラーがカードを配り、そのカードを覚えて、勝敗、勝率が確認できる方法としてプレイヤーの中では攻略法として利用する人がいます。

カードカウンティングの基本方法

ブラックジャックの基本、「カードの合計が21または、より21に近い数」で勝利するため、配られたカードまたはカードケース(シュー)に残っているカードが大きい数字か小さい数字かを知ることで、ある程度の予想ができるという考え方からきています。

カードカウンティングの歴史は長く、改良され、現在に至っていますが、カードの数字を全て覚えて勝率を考えるとなると、とても労力が必要ですし、膨大な記憶力も必要となります。

そのため、各カードにポイントスコア(正、負、またはゼロの値)を割り当てて、合計値をカウントで追って行く方法がメジャーです。

各カードのカウントポイント:

2・3・4・5・6 の場合+1としてカウント

7・8・9 の場合 0としてカウント

10・J・Q・K・A = の場合-1としてカウント

プレーヤーにとって有利:

テーブルに小さい数字のカードが多く出ている。

残りのカードに大きい数字(10の割合)が多い。

ディーラーにとって有利:

テーブルに大きい数字のカードが多く出ている。

残りのカードに小さな数字(3・4・5・6など)が多い。

これらのポイントで、テーブルに出たカードのカウントをします。

カードのカウントがプラス・数字が高い場合:

プレイヤーにとって有利な状態と言えます。

積極的なゲーム展開をするのが良いでしょう

カードのカウントがマイナス・数字が低い場合:

ディーラーにとって有利な状態と言えます。

ゲームの流れやベット額等控えめにすることで負けた場合の対策が簡単になります。

カードカウンティングは合法?

カードカウンティングは、攻略法の一つで、基本的にはプレイヤーの頭で考えて優越を判断する手法の一つですが、多くのランドカジノでは禁じ手とされている場合が多いのも事実です。

カードを目で追ったり、計算しているとみなされた場合、退場や、出入り禁止になる場合もあります。

また、オンラインカジノでも同じような扱いをされる場合が多いでしょう。

これから解禁される日本のカジノでは、解禁される9種類のゲームの中にブラックジャックが含まれています。

細かいルール等は発表されていませんが、カードカウンティングが禁止、又は違法をみなされるかについての見解はこれから注目される点です。

Relevant news