ブラックジャックをプレイするための基本的なルール

ブラックジャックは、カジノのカードゲームの中で人気のゲームで、ポーカーやバカラと同様、またはそれ以上にファンの多いカードゲームで有名です。

オンラインカジノではライブカジノ(画面越しにディーラーを相手にプレイする形式)とテーブルゲーム(ソフトウェアでするゲーム)の両方で楽しむ事が出来ます。

ここでは、ブラックジャックの基本的なルールについてご紹介します

ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックは、複数人で同じテーブルでプレイが出来るゲームですが、ディーラーと1対1でするゲームのため、カジノのテーブルで隣に人がいてもその人とはプレイはしません。

ブラックジャックの基本ルールはいたって簡単

1.カードの合計が21または、より近い方が勝ち

2.カードの合計が21を超えると負け

合計点数が21を超えないようにし、ディーラーよりも高い点数を得ると勝利するというシンプルなルールのゲームです。

シンプルなので、ゲーム自体はテンポよく1分前後で完結します。

ただし、簡単なルールであればある程、プレイヤーによる頭脳戦、戦略や駆け引きなどが重要になり、こういった戦略や駆け引きを楽しみながら勝つのがブラックジャックの醍醐味ともいえます。

ブラックジャックの数字のカウント方法

ブラックジャックのカードの数え方は少し特殊ですが、ルール同様複雑ではありませんので、覚えてしまえば簡単です。

– A(エース):1または11(状況によってどちらかに数えます)

– 2から10:そのままの数

– 絵札(J・Q・K):10

– ジョーカーは使用しない

具体的な例を挙げて見ていきましょう。

例1:  A(エース)+ 5の場合: 6または16

例2: 3+ 5の場合: 8

例3:  A(エース)+ K の場合: 11または21(ブラックジャック)

ブラックジャックの代表的な基本用語

ブラックジャック(BLACK JACK) 最初に配られた2枚のカードの合計が21になった場合、「ブラックジャック」になります。
バースト(BUST) (ディーラーとプレイヤーの両者に該当)カードの合計が22以上になること、プレイヤーは負けになります。
ハンド (Hand) 手札・手役。複数の座席でプレイ=マルチハンド
ヒット(HIT) ハンドに1枚カードを追加することです。
ベット(BET) 賭ける、または、賭け金のこと。
サレンダー(SURRENDER) 賭け金の半分を渡すことでゲームから降りること(出来るゲームと出来ないゲームがあります)

シンプルかつ簡単なルールのブラックジャックですが、知れば知るほど奥が深く虜になってしまうかもしれません。

Relevant news